IT部門に特化したRPAサービスとは何か

RPA サービス

最近の仕事効率化の話題で、RPAという言葉を聞くことがあります。仕事、特にIT部門での仕事の中で、新しいソフトウェアを用いて行うロボティックプロセスオートメーションの省略で、RPAサービスを用いることで様々なメリットがあります。このソフトウェアは人間の複雑な思考や判断、意思決定などはできません。毎日パソコン上で行う定型業務や、ルーティーンワークに適しています。具体的にはデータ入力やそれに伴うコピー、フォーマットが決まっている書類や帳簿の作成などです。毎日の定型業務は慣れると時間もあまりかからないと思いがちですが、RPAを利用することで、社員が行わなくても良い業務ができ、社員の仕事の生産性が向上します。プログラマーなどの技術者がいなくても、専用のソフトウェアで動作するので、便利なサービスです。

RPAでできる仕事できない仕事

RPAを操作しても絶対できないことは、対面で行う仕事です。営業に出かけることや、物作りや医療や介護のケアなどは対象外です。コンピュータを操作して行う仕事のみが対象です。RPAの得意分野は同じ作業を繰り返して行う処理なので、膨大なデータを扱っている企業には仕事の効率が向上します。詳しく説明すると、申込用紙や登録書などからデータを取得して、データベースに書き込むなどの処理です。人間のように複雑な判断や思考はできませんが、学習はできます。繰り返し行う処理を蓄積しておいて、そのデータの中からどの方法が良いか導き出す処理はできます。技術者ではなく現場の作業している人で自動化して行えるソフトウェアなので、技術者の人件費がかかりません。操作方法はグラフィックなどを多用しているので、一般の人にも操作しやすいサービスです。

RPAの導入した後のメリットとは

まず、初期費用が必要です。RPAのロボットの導入費は初期だけですが、維持費は使い続ける限り必要です。その分、人件費が不要になります。社員一人につき、月給やボーナス、保険などの社会保障、様々な費用がかかっています。RPAの導入後では、余分な人件費はかかりません。RPAはロボットですので、病欠や有給休暇は不要です。さらに24時間、365日稼働できます。人間が作業しないので、ヒューマンエラーがなくなります。ヒューマンエラーが起こらないと、より生産性の向上と、効率よく仕事が進むことが期待できます。RPAサービスを利用すると、一定額以上の費用がかかるので、それに見合った収益がある企業が対象となります。人件費とRPA導入の費用のバランスや、仕事内容でRPA導入が本当に有益なのか、などを見極めながら導入することが肝心です。