監視技術が進んだRPAソリューションによるサービスとは何か

RPA サービス

まずRPAとは、Robotic Process Automaitionを略した呼び方です。つまり単純な作業、間接業務のテクノロジーによる自動化を意味します。業務の生性を上げるサービスで特にホワイトカラーの業務で使われます。決められた一定の法則にしたがい自動処理を行うので人為的なイージーミスを防げるのが特徴です。人材不足や値上げする人件費、特にここ日本においては少子高齢化による高齢化社会で労働人口が減少し、労働の生産性は年々下がってきています。社内の業務を海外の安い人件費を活用して委託する等生産性向上のためのサービスが増える中でRPAによるサービスは欧米を中心に注目されてきています。2013年には200億円ほどの市場規模でしたが近年急成長していて、2020年には5000億円を見込まれています。

IT部門情報システムにおけるRPAのサービス

RPAがホワイトカラーの単純業務、間接業務をテクノロジーによって自動化するサービスということを説明しました。その業務は多様で特に相性のよいとされている業務は、一定の法則を繰り返す、データが組み立てられている、アプリを使う、人為的なミスが起こりやすい業務です。これをIT部門情報システムの業務で置き換えてみましょう。ソフトウェアのインストールや更新、システム導入時のセットアップやバックアップ、新規アカウントの作成、ユーザーデータの収集、管理、アプリ同士の情報転送などサポートデスクの役割をほとんどこなしてくれるのです。最近ではこのようなサポート業務を派遣やバイトのようなアウトソーシングでまかなう企業が増えてきています。RPAを導入することでそれらを自社内で補えるのです。

RPAのサービス導入によるメリットとデメリット

RPAのサービスを導入することで他にも様々なメリットが発生します。一つ目は24時間休みなく働いてくれます。二つ目はスピードが速く正確なので人を2、3人雇い確認作業も何度も行う必要がなくなります。三つ目は変化に強いので一度プログラムしてしまえばすぐに対応できるようになります。この三つを総合して言える最大のメリットは時間とコストの大幅な削減です。人件費が必要なく教育や引継ぎによる時間を省略しミスによるタイムロスや利益の損失を防ぐことができます。しかしどんなことにもデメリットはあります。例えば導入時のコストが大きく気軽に導入しづらいです。また導入時や変更時は人の手が加えられるのでそこでミスがあると気づくまで間違った状態で作業が続行されます。他にも停電などのトラブルでデータが飛んだり情報漏洩が起きる場合もあります。メリットばかりでなくデメリットも理解して新サービスを上手に使っていきましょう。