東南アジアの日本語教員、若手と熟年層で差が

東南アジアのある日本語学校で、現地の実際の授業を参観したことがあります。日本語教員の中には、若くて、まだあまり日本語教育の実力のない人たちも散見できました。これらの若い日本語教員たちの特徴は、学生たちの突然の質問に臨機応変に対応できないという、共通した弱点を持っています。なぜそうなのでしょうか。それにはある秘密が隠されていました。エクスペリエンスがまだ豊富でない若い教員では、自分が日本語を無意識に身に着けているという事実をも、認識できてない場合があるからです。ある程度年齢が進んでいる熟年層の講師では、その対応は全く臨機応変です。打てば響くというように、学生たちの難問に、的確な返答ができていました。その差は歴然としていました。これは、やはり、日本語教育現場での実戦力の違いだと感じます。熟年層の講師たちは、実戦で、あらゆる場面で、返答に苦しみ、それを解決しているからです。

海外の日本語教員たちに必要な資質とは

東南アジアを中心として、日本語学習は、ひとつのブームとなってしまっています。どの国の日本語学校でも、日本語教員の不足が深刻です。現地の日本語学校でも、案外資格や実力を重視して採用するところもあります。日本人が経営する現地の日本語学校では、一段と厳しい審査がなされるようです。いったいどんな資格や実力が問われるのでしょうか。まずは、言語学的な知識を持っているかどうかが問われます。音声学や社会言語学をマスターしていれば、鬼に金棒です。それから、案外大切なのが、日本語学的な知識です。これには日本史や、文字表記方式、語彙、文法などの幅広い分野の知識が要求されます。それから最後に求められるのは、日本語の教授法です。専門の教授法を学んでいるのがベストですが、これは、現場の実戦で、その技術を鍛え上げることもできます。

日本語教員になって国際的に働く

国際的な仕事ってかっこいいですね。様々な仕事がありますがその中でも日本語教員は世界各国で需要があり仕事を見つけることが比較的用意な職業の1つです。日本文化に興味を持っている海外の人達はとても多く、彼らは日本語を学びたい気持ちであふれています。特に今は、ポップカルチャーの先端として知られる大人気の日本です。実際に日本に来て日本語学校で学べるのはそのうちの一握りの恵まれた人たちだけですが、現地へ教師が出向いて日本語を教えればその裾野は格段に広がります。日本語を学べば、職業の選択肢が広がる国もまだまだたくさんあります。日本語を教えることは国際貢献にもつながっていく、価値のある仕事といえます。国内での就業とともに、海外での就業も視野に入れて奥の深い日本語について学びそれを広めることを仕事にしませんか。