日本語教員の仕事内容について

日本語を、海外や日本の教室で、教える人達がいます。生徒として通うのは外国人であり、日本語を習得して日本で働いたり、留学したりすることを目的としています。海外の教室の場合、先生をその国に移住している日本人が、先生をしていたりします。他にスキルを必要とせず、仕事を始めることができるからです。日本食を提供するレストランにも、同じことがいえます。日本で生活していれば、日本食に触れて知っているからです。また、日本語教員も、海外の教室で日本語を教えていると、あらためて、日本語と向き合うことができます。日本語は、他の言語より難しいとされています。雨と飴など、同じ言葉ではあるが意味が違うこと、細かい表現までもできる単語の多さなど、要因も様々です。しかし、この厄介な部分こそが、日本語の一番の魅力ともいえます。

日本語教員が日本語を外国語として教えるということ

日本語教員が、日本語を外国語として教えるということは意外と難しいことです。それは、日本人が日本語をマスターする課程にあります。日本人が日本語をマスターするのは、外国人が日本語を外国語として学習してマスターする課程とまったく違います。日本人が日本語をマスターする場合には、生まれてから、日本で過ごしているうちに、無意識に習得されるからです。これに対して外国人が日本語を外国語として学習し、それをマスターする課程には、さまざまな意識的な学習がふくまれます。中でも日本語文法や文字の成り立ちについて学習することなどは、最も大切な学習内容となっています。ですから、日本語が流暢に話せる日本人が、いつでも日本語教員として最適であるかといえば、答えはノーです。日本語教員に求められる資質として、さまざまな分野の知識や学習が求められる所以です。

かなりの専門知識が要求される日本語教員

日本人は、当然ですが、日本語が母国語です。日本語教員が外国人に対して、日本語を教える難しさはこの一点にあります。日本人は、日本で生まれてから、自然に日本語が話せる能力を身につけますが、それは、特別に日本語を学習した成果ではありません。外国人が生まれた国の言葉を素直に習得できるように、この能力は、神様が人類に与えてくれた特殊な能力だと称することができます。日本人でも外国人でも、生まれてから数年の間に、母国語をマスターしますが、生活しているうちに自然に覚えてしまいます。日本語教員が外国人に対して、日本語を教えるのが難しい理由は、日本人は特別に文法の勉強などをやっていないからです。簡単な文法に対する質問でも、まともに答えられる人は数少ないです。日本語教員であるためにには、やはり、かなりの専門知識を問われるのではないでしょうか。