最先端の技術RPAサービスを堪能しよう

RPA サービス

RPAとは人工知能を使ったソフトウェアを搭載したロボットによる、単純作業や事務作業を効率化することです。もともと社員の労働時間に対する仕事量を緩和するために考えられたシステムですが、意識改革や残業禁止などの勤怠管理で、労働時間自体を減らすことができますが、仕事の量は減ることがないので結局社員へのしわ寄せは来てしまうので、RPAを効率よく利用していくことが大事になってきます。最近ではIT部門でもサービスが展開され始め、活用されるようになってきていますが、どのように活用することができるのかについてこの記事では紹介していきます。事務作業だけでなくさらに高度な作業も任せられるようになり、業務担当者の仕事内容がとても軽くなりますので検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

IT業界でのRPAのサービスとは

RPAが出る前にIT業界での自動化に使われてきたツールは、様々なスクリプトを起動したり終了したりという作業を制御するジョブスケジューラなどです。ジョブスケジューラを使って自動化できる作業は、日・月毎で行うような決まった処理や、手順が細かく確立されている業務に限られています。システム障害への対応や、OSやアプリのアップデートやセキュリティパッチの適用、IDやパスワードの設定や変更などの情報管理などのサービスは、人の手で行うしかありませんでした。そこで10年ほど前から登場しているツールがランブックオートメーションというものです。社員の判断が必要な動作や作業内容の記録、作業が終了した後のレポートの作成といった業務などの今まで任せることができなかった業務を担当させることができます。

RPAのサービスを導入する時のメリット。デメリット

まずRPAを導入する時のデメリットからですが、今の現行の社員が行っている業務内容を整理しなおす作業が必要になります。かなり大変な作業になってしまいますのでRPAがIT業界で普及に時間がかかっている理由でもあるのです。次にメリットですが、最近発表されたサービスでは今まで使用していたツールを変更する必要なく利用することができる点です。どのような作業が可能かというと、人が行っていたコピーして別のツールへ張り付けるという動作をそのまま行ってくれるということです。自動的に作業させたいことを入力しておくとそれをベースに作業をするので、ツールやシステム同士の連携が簡単になっています。さらに、導入する際のコストも安いので検討しやすくなっています。RPAを導入することで業務内容も軽くなり、社員の負担も減ります。