日本語教員の需要について

大学に出向くと分かりますが、世界各国からたくさんの留学生が来ています。日本の技術が世界でトップレベルにあるのはもちろん、言語としての日本語を学びに来ている背景があります。英語は世界の公用語になっていますが、日本語もそれだけのポテンシャルを秘めているのではないでしょうか。海外では日本語教員として活躍している方も多く、日本文化の発信に貢献をしています。世界には発展途上の国がまだまだ多く、教育面での支援が必要な子ども立ち枯れたくさんいます。彼らが日本に興味を持つことで、世界における日本の立ち位置も変化するのではないでしょうか。日本語教員への道は険しいですが、社会に貢献出来る素晴らしい仕事です。帰国してからの選択肢も広がりますし、目指してみる価値はあるのではないでしょうか。不安定な時代だからこそ、評価が高まっています。

日本語教員には専門の学習や資格取得が必要です

日本語教員は、日本語を需要とする人々へ日本語の理解と語学を学ぶサポートを行う仕事です。日本語を母語とする事で、日本語の教員にはなれない条件があります。日本語を含んだ語学の文法や発音、語学歴史等の語学の知識が必要です。また適切な日本語を教える技術や教授方、異文化コミュニケーション等の広範囲の知識や学習を行った条件がある日本語教員の職種です。仕事場所は国内と海外で、日本語を普及させる役目があります。その為に大学で、専門的に学習する事が必要です。更に日本語教育能力検定に合格する事が、望まれます。ですから日本語教員の採用には、資格検定合格や大学の専門分野での卒業証明書等が採用条件になる場合があります。日本語を母語としない人々へ日本語の学習指導とサポートを行う仕事内容です。これからのグローバルな日本社会には、必要な職種でもあります。

日本語教員とは要するに

日本語教員とは、日本語教師のことを指すことが多いです。要するに基本的に日本語を教える教師になるわけです。但し、国家資格はないです。ですから、名乗ることは誰でもできるようになっています。民間資格としては、いくつかありますから、それを取得するとよいです。独立してやっていくのであれば自由ではありますが、雇ってもらうのであれば、資格は民間のものであろうと取得しておくべきです。日本語であるわけですから、教えることは簡単であろうと考えている人もいますが、そんなことはないです。言語としての成立ち、音声、発生、運用の仕方など語学教授法を理解しておく必要がありますから、日本語が話せるからといって、別に日本語の教師のスキルがあるわけではないです。通信教育などでも500時間弱は勉強することになります。才能次第ではありますが、その程度の勉強時間は必須の資格です。

日本語教育能力検定試験対策講座は合格率60%以上。 サイトには校舎風景を掲載していますので、入学後のイメージをされてみてはいかがでしょうか。 検定対策直前対策コースは全10回で97,200円。 講座の体験授業を無料で受けることができます。 大規模日本語学校が母体。日本語教師養成講座のお問合せ・資料請求はメールフォームからどうぞ。 日本語教員は赤門会へ